ブログ初心者だからこそブログのネタ探しについて考えてみた

広告

ブログ更新したい!でもネタがない!

今でもそんな感じになることはありますが、ブログ開始当初は毎日こんな感じでした。

ブログネタってどうやったら見つかるんでしょう?

今読んでいる

染谷 昌利著「ブログ飯」という本の中にネタ探しについて書いてあったので参考にしたいと思います。

 

スポンサーリンク

30記事ほどでネタはつきる

ブログをやるのにひとつの目安となる数字は30記事といわれています。

1日1記事として1ヶ月間継続すると30記事なので。

継続という意味でも更新のペースをつかむという意味でもまずは1ヶ月続けてみることは大事だと思います。

まあ、1ヶ月程度ではなんの成果も出無いんですけどね・・・・

ブログ飯の中にこんなことが書いてありました。

30記事も書けば、ふつうの人はネタのストックがなくなってきます。ネタが無くなってしまうことにより次第に更新が滞っていき、記事を書かかないことが日常になり、結果的にブログをやめてしまう人が多いです。

そうなんですよ。真面目にいい記事を書こうとすると書きたくても書けなくなるんですよ。わたしみたいな凡人は・・・

真面目に一生懸命書いても下手なのに!!

んで、 先日イケハヤさんの著書に触発され、とにかく書いて本数を重ねることを決めました。

「書き続けなければ何も見えてこ無い、内容云々はとりあえず置いといて書きながらうまくなればいいじゃないか」という考え方でいこうと。

dagasoregae.hatenablog.com

考え方を変える

普通に生活していても特に面白いことは起きません。

ではどうすればいいのか?

「ブログ飯」によると

他人の気持ちになってみる。相手の頭の中を想像してみる。色々な角度から物事を見てみる。自分の中の常識を疑う。視野を広げる。

とネタをつけ出せるようになると書かれています。

そして、そのためには物事を人とは違った捉え方をする訓練をするとも。

イケハヤさんの「武器としての書く技術」ではこう書かれていました。

ネタ切れしないためのたった一つの条件は情熱。

目の解像度を高くする。

あらゆる体験はネタになる。

普通に過ごしていると素通りしてしまうようなちょっとした出来事をネタにしてしまう考え方、視点で日々を過ごすことが大事ということでしょう。

オズボーンのチェックリスト

「ブログ飯」の中で、それでもどうしてもネタのアイディアが浮かば無い時はオズボーンのチェックリストの発想法を使うと良いと書かれています。

オズボーンって誰?:

ブレーンストーミングの考案者。

ブレインストーミング – Wikipedia

  • Other uses(転用):他に使い道はないか?他分野へ適用はないか?
  • Adapt(応用):他からのアイデアが借りられないか?似たものはないか?何かの真似はできないか?
  • Modify(変更):意味、色、働き、音、匂い、様式、型を変えてみたらどうか
  • Magnify(拡大):大きくしてみたらどうか?より強く、高く、長く、厚くできないか?時間や頻度などかえれないか?
  • Minify(縮小):小さくしてみたらどうか?より軽く、弱く、短くできないか?省略や分割できないか?何か減らすことができないか?
  • Substitute(代用):他のものでは代用できないか?人を、材料を、素材を、製法を、動力を、場所を代用できないか?
  • Rearrange(再配列):入れ替えてみたらどうか?要素を、型を、配置を、順序を、因果を、ペースを変えたりできないか?
  • Reverse(逆転):逆にしてみたらどうか?反転、前後転、左右転、上下転、順番転、役割など転換してみてらたどうか?
  • Combine(結合):組み合わせてみたらどうか?合体したら?ブレンドしてみたら?ユニットや目的を組み合わせたら?

なんか難しくなった気が・・・・

とにかく視点を変えて色々な角度から考えてみようってことですかね!

おわりに

どっかに面白いネタないかなぁと探すのもネタ探しの一つの方法なんでしょうが、実際に探してみるとそんなもの中々みつかりません。

それよりも日々の生活の中から実はネタになるものを見つける、常識を打ち破り普通とは違うことをしてみてネタを作り出すことが大事なんですね。

ブログやってなくても、そういった生活の方が人生楽しそうだし!

訓練してみようと思います。

ブログ運営に関する人気記事です。

www.dagasorega-e.net

www.dagasorega-e.net

www.dagasorega-e.net

ブログ飯 個性を収入に変える生き方

ブログ飯 個性を収入に変える生き方

武器としての書く技術 (中経出版)

武器としての書く技術 (中経出版)

スポンサーリンク