整理収納の本を読んでみたら結構ためになりそうだった話

広告

 

整理収納にはまりつつあります。

家がきたないよりは綺麗に整理整頓されていた方が良いのは間違いないし、綺麗になった我が家を想像するとワクワクします。

わたしも妻もそこまでものを散らかすタイプではないので、わりと綺麗な方だとおもっていたんですが、整理収納に関する書籍を一冊読み終えてみて考え方

が変わりました。

ウチいらないものだらけじゃん!

結構ためになったので読みながら残したメモをブログにも転載。

整理収納で得られる3つの効果

①時間的な効果・・・モノを整理することで時間的な節約の効果がある

②経済的な効果・・・ムダな買い物を減らす効果

③精神的な効果・・・ストレスが減り、快適な暮らしができる

ざっくりいうとこんな感じ。

たしかに探し物をする時間て無駄ですよね。スマホを探したり、服を探したり、ごまを探したり、etc・・・

1日あたりでは2分だとしても1年で700分も時間を無駄にしていることに。

経済的な効果は、もし探し物をしているのが仕事をしている時間だとしたら非常に無駄な賃金を社員に払っていることになりますね。あとは、ものが整理されていれば無駄な買い物も減るので一般家庭でも計り知れない節約効果があるはずです。

精神的な効果は、散らかっていて探し物がみつからないとイライラしますよね。

わたしは前に勤めていた会社がものすごく散らかり放題で片付けても片付けても散らかされるのでかなりイライラしながら仕事をしていました。ストレスがたまった状態ではいい仕事はできません。

あの時、整理収納の勉強をしていたら散らからないように片付けられるようになったのかも?と思うと悔やまれます。

捨てられない原因

片付けものを捨てるところからはじまりますよね。

なにはともあれ不要なものを捨てないことには片づけようがありません。

では大掃除などをしているのになぜ不要なものがあるんでしょう?

わたしが思うに不要だと気づいてないんだと思います。

お金を出して買ったものなので捨てるのはもったいないという心理が働くのでしょうかね。

捨てられない原因は

①迷信を気にしている・・・ぬいぐるみや人形が捨てられない。
②しつけによるもの・・・ものを長く使うことが大切だと教えられてきた

③欠陥がないからすてられない・・・壊れていないものはすて難い

①たしかに人形とかって捨てにくいという人はいますよね。

②モノを大切していないということは捨てることではなく、使わないことと考える。

③壊れていないものは捨てにくいがとっておいても使わないのなら意味なし。

どれもなるほどなぁと感心しました。

そのほかに、人から貰ったものや、小さなもの(アクセサリーなど)、高価なものは捨てにくいようです。

思い当たる節ありませんか?

おわりに

入門の入門という感じで考え方の部分だけですが、このようなことが書いてありました。

これだけでも片付けできそうな気がしたので不思議なものです。

当たり前のことしか買いていないんですけど、当たり前の事ができないから散らかるということなんでしょうね。

ちなみに、無理に一度に不要なものを片づけようとするとダイエットと同じでリバウンドしやすいそうです。

ものが増える原因は生活習慣にあるので、意識を変え、行動パターンを変えることが大事なようです。

スポンサーリンク