シェイクツリーのバンズなしバーガー「ワイルドアウト」ぽいのを再現してみた

広告

昨夜、日本テレビの「嵐にしやがれ」という番組が肉汁デスマッチなるコーナがありまして、牛カツ、メンチカツ、ハンバーグなどの肉好きにはたまらない料理がいろいろ紹介されていました。

そんな中わたしが最も気になったのが、錦糸町と両国の中間くらいにある「sake tree(シェイクツリー)」のワイルドアウトというバンズ無しのハンバーガー。

Topページ|Shake Tree -シェイクツリー

具の肉を肉で挟んでいるわけではないので、パンの代わりに肉で挟んだという表現は適切じゃないかもしれませんが、トマトとチーズを上下の肉で挟んだハンバーガーでした。

糖質制限ダイエットをしているわたしにぴったりの一品。

ただ、残念ながら両国、錦糸町に行く機会はほとんどなく、近いうちに食べられそうな気はしないので、自分でつくってみることにしました。

 

スポンサーリンク

自家製バンズなし肉肉バーガー

では、さっそく作ってみたいと思います。

【材料】

・ステーキ肉・・・360g

・新玉ねぎ輪切り(厚め)・・・一切れ

・スライスチーズ・・・1枚

・牛脂・・・2個

・ケチャップ・・・大さじ1

・ウスターソース・・・大さじ1

・赤ワイン・・・適量

・塩胡椒・・・適量

・ナツメグ・・・少々

f:id:dagasoregae:20160522133934j:plain

ステーキはスーパーで米国産ステーキ肉を半額でゲットしてきました。

【作り方】

たまねぎ

1、玉ねぎを1.5cmくらいの厚めの輪切りにきります。

f:id:dagasoregae:20160522134526j:plain

2、軽く塩胡椒をふってアルミホイルで包みオーブントースターへ。

f:id:dagasoregae:20160522135720j:plain f:id:dagasoregae:20160522135804j:plain

10〜15分ほど焼くので、その間に肉を仕込みます。

肉(ステーキ→ハンバーグ状)

3、ステーキ肉を①細く切る、②小さく切る、③包丁で叩くの順で超粗めの挽き肉ぽくしていきます。

f:id:dagasoregae:20160522140320j:plain

①細く切る

f:id:dagasoregae:20160522140437j:plain

②小さく切る

f:id:dagasoregae:20160522140356j:plain

③包丁で叩く

f:id:dagasoregae:20160522140557j:plain

4、ボウルにうつし、塩胡椒とナツメグを入れてよく混ぜる。

f:id:dagasoregae:20160522140726j:plain

5、肉を2当分しパティを2つ作る

f:id:dagasoregae:20160522140910j:plain
肉(焼き)

6、フライパンに牛脂をひき、中火で2〜3分焼く。

f:id:dagasoregae:20160522141224j:plain

7、片面がいい具合に焼けたらひっくり返し、赤ワインを入れ蓋をして3分ほど蒸し焼きにする。

f:id:dagasoregae:20160522141602j:plain f:id:dagasoregae:20160522141402j:plain
ソース

8、焼けたらフライパンに残った肉汁にトマトケチャップとウスターソースを1:1の割合で入れて中火、よく混ぜながら熱し軽く水分が飛んだら完成。

f:id:dagasoregae:20160522141856j:plain f:id:dagasoregae:20160522142111j:plain

めちゃめちゃ跳ねるのでご注意。

盛り付け

9、ソースが完成したら盛り付け

①肉の上に玉ねぎを乗せる

f:id:dagasoregae:20160522142624j:plain

②その上に、スライスチーズを乗せる

f:id:dagasoregae:20160522142703j:plain

熱でいい感じにとけます。

③ソースを塗る

f:id:dagasoregae:20160522142812j:plain

④最後にもう1つの肉を乗せて完成です!

ハンバーガーをつつむ用の紙などもちろん家にはないので、クッキングシートで代用しました。

実食

写真をじっくり撮りたいところですが、熱々を食べたいので早速いただきます。

f:id:dagasoregae:20160522143302j:plain

肉汁が溢れだしまくりでめちゃめちゃジューシーです。

安い米国産のステーキなので、そのままステーキとして焼いて食べるとイマイチですが、細く切ってさらに叩いてあるのでスジや肩さが気になりません。

国産牛の牛脂で焼くことで香りもいい感じになっています。

めちゃうまー!!

売れる!これは売れる!

肉360gと非常にボリューミーですが、ペロリと平らげてしまいました。

溢れ出た肉汁の湖

f:id:dagasoregae:20160522143801j:plain

おわりに

つなぎを一切つかわないので、肉の味そのものを味わえます。

糖質も押さえられるので尚良し。

間に挟む具材は、お店のようにトマトにしてももちろん美味しいと思いますが、ソースをトマト系にしたので、代わりに新玉ねぎにしたのは大当たりでした。

ソースの糖質が10〜15g、玉ねぎが4gくらいですが、ソースは流れるし、全部飲み干すわけじゃないので、摂取量は10gくらいだと思います。

肉好き、ハンバーガー好きなのにダイエット中!という肩は是非お試しください。

本家は一体どんな味なんだろう・・・・。

 こんな記事も書いてます
  1. 家庭で肉をお店並みに美味しく食べたいなら絶対に持っておくべき低温調理器具「Anova Precision Cooker」について書く – だがそれがいい
  2.  無限ピーマンたいしたことないとか言っていたのに気づけば無限に食べられるようになっていた – だがそれがいい
  3. 久々のANOVA低温調理でウ゜ドンかパタンをつくってみた – だがそれがいい

スポンサーリンク