実際に体験した歯周病治療のbefore afterを画像で公開してみます

広告

先日、歯周病の辛さと克服までの体験などを綴った記事を書いたらわりと反響がありました。

で、その数日後、半年ぶりに治療してもらった歯医者に検診に行ったので先生に「ブログに書いたら結構よまれましたー」という話を伝えたところ、「画像あげますよ」といっていただいたので、お言葉に甘えてレントゲンの画像をいただきました。

前回の記事はこちら↓

スポンサーリンク

治療前

赤丸で囲ったところ、黒っぽくなっていますが、骨が溶けているので白く写らず黒くなっています。f:id:dagasoregae:20160610114315j:plain

わたしはこの骨が溶けていて写らないという衝撃的な画像を見るのはコレが3回目なので別に驚きもしませんでしたが、初めて見たときはソレはソレはショックでした。

でも溶けた骨が戻ることはないし。。。

治療後

こちらが治療後。

あれ?治療前に骨がないとおもわれたところが白くなってるぞ?骨が戻ってる?

f:id:dagasoregae:20160610115701j:plain

これはかなり衝撃的でした。

先生が言うには、完全に溶けていたわけじゃなくて溶けかけでカルシウムが減ってるからレントゲンに写らなかったそうで、菌がいなくなり進行が止まったのでカルシウムが増え復活したとのことでした。

骨粗しょう症みたいな感じでしょうか。

歯周病菌を除菌するデンタルプラークバスター

わたしが受けた治療がデンタルプラークバスターという強そうな名前の治療は、中性の高濃度低分子次亜塩素酸水を利用して一度にすべての歯周病菌(デンタルプラーク、バイオフィルム)を除菌するという治療法。

多少高額ですが、1日で治療済むので楽ですし、歯周病の悩みから解放されるのプライスレスでした。

umez.jimdo.com

おわりに

そういえば、デンタルプラークバスターで除菌をするまでは、わりと頻繁に歯が抜ける夢をみていたことを思い出しました。

今でこそこうやってブログに書いたりしていますが実際に痛みや歯のぐらつきと戦っている時はかなりのストレスを感じていたのだと思います。

わたしのように歯周病に悩まされる人が一人でも減ればいいなと本気で思っていますので、たまに思い出したようにブログに書いてアピールしたいと思います。

歯磨きのたびに歯茎から血が出る人は、要注意。

おしまい。

スポンサーリンク