えっ!?お酒ダメなの??知らなきゃ怖いGoogle Adsenseの禁止コンテンツ

広告

すでに過去に書いてしまっている気がしますが、止められたらその時考えるとして・・・

健全なGoogle先生のことですから、当然NGはあるんだろうなぁと思ってましたが、まさかお酒がNGとは・・・とほほ

 

スポンサーリンク

Google Adsenseコンテンツポリシー

Adseseヘルプに記載されている禁止コンテンツはこちら

support.google.com

  1. アダルトコンテンツ
  2. 個人、集団、組織を誹謗中傷するコンテンツ
  3. 著作権で保護されているコンテンツ
  4. 薬物、アルコール、タバコに関連したコンテンツ
  5. ハッキング、クラッキングに関連したコンテンツ
  6. 報酬プログラムを提供するサイト(「報酬提供」サイト)
  7. Google ブランドを使用しているサイト
  8. 暴力的なコンテンツ
  9. 武器および兵器に関連したコンテンツ
  10. その他の違法なコンテンツ

こうやって並べてみると特に違和感はないですね。

でも、わたしお酒大好きなんですよ!

お酒について書くことが全部ダメってわけじゃないらしい

今後、ブログを続けていく上でお酒抜きでは多分無理なので、もうちょっと調べてみました。

すると全部がだめってわけじゃないことがわかりました。

NG:

ビールやアルコール度数の高いお酒の販売・宣伝

OK:

ワインやシャンパンの販売・宣伝

ビールやお酒の製造方法などの紹介

ビールサーバーやグラスなどの販売・宣伝

居酒屋などの飲食店紹介

アドセンスNG集-絶対に覚えておきたい規約違反事項一覧より

なんでワインはOKなのかはわかりませんが、ワイン以外のほとんどのお酒の販売・宣伝はだめってことですね。

宣伝がだめってことは、「◯◯が美味しかったのおすすめです」はダメってことですね。

Amazonや楽天などで自動生成されるリンクはおもいっきりお酒の宣伝・販売にあてはまるので注意が必要だそうです。

居酒屋を紹介するときに飲んだものを「1杯目に飲んだ◯◯〜おいしかった」とか書いたらどうなるんでしょうね。

おわりに

お酒のこと書いたら何でもかんでもダメってわけじゃないことがわかって一安心。

でも知らないうちにAdsense停止してたらちょっと嫌ですね。

どんな感じで書くとダメなのかは実際に書きながら検証してみることにします。

脱Adsenseも視野に入れつつ・・・

スポンサーリンク