プリントパックで名刺を作った時に起きたトラブル

広告

たまには仕事にかかわるような話をば。

社会人の方のほとんどが名刺もっていますよね?

会社員の方は、会社から支給されると思いますし。

社長、個人事業主の方も知り合いや印刷会社に頼むなどして名刺を作成していると思います。

わたしは先日、知り合いから名刺作成を頼まれました。

デザインを考え印刷にまわすところまでは順調に進んでいたのですが、印刷時にちょっとしたトラブルがあったのでご紹介します。

 

そのとき、頼んだのは

ネットでいんさ〜つ♪

でおなじみのプリントパックです。

決してプリントパックが悪いということがいいたいわけじゃないので、そこは誤解がないように先に言っておきます。

スポンサーリンク

とにかく安い

大げさではなくプリントパック安いんです。

一般的な印刷会社で見積をとると2〜3倍なんてことはあたりまえ。

なんで安いのか?

・営業担当のコスト削減

ネットだけで注文を完結できるので注文プロセスで営業担当が必要ない。

ちなみに入稿後のデータ確認などは料金内でやってくれるので、入稿したデータに明らかな不備がある場合には連絡してきてくれます。

・複数種類の印刷物を同時に印刷

通常の印刷では、1種類あたり1つの型をつくって印刷をする。これの製作費が費用の大半を占めるといっても過言ではないのだが、ネット受注の印刷の場合は「同じ紙」、「サイズ面などで相性のよい印刷物」を集めて1つの型をつくり印刷することができる。

これらの理由から、一般的な印刷会社に頼むよりもかなり安く印刷することができるのです。

じゃあ、安いからといってどんな印刷物でもプリントパックで頼む気になるかというと決してそんなことはありません。

印刷品質、デザイン、色等仕上がりにこだわる場合には多少高くても信頼できる営業担当が間に入ってやってもらう方が安心です。

今回は名刺。

品質は一般的な名刺のレベルをクリアしていれば特に気にしないし、デザインや色も複雑なものではない、部数も少ないのでプリントパックで仕事場のインクジェットプリンタで文字がつぶれないことだけ確認し、プリントパックで注文することにしました。

一般的な印刷会社で印刷を頼むときには色校正というプロセスが入ることが多いんですが、プリントパックでも色校正を入れてしまうとそれなりの価格になってしまうので「無し」でいきます。

広告




色校正とは?

色校正とは、大量に印刷する前に色や写真の出具合を確認するための試し刷りのことです。色校正にはいくつか種類があり、どの程度の精度が必要なのか、費用はどれ位かけられるかなど、目的や状況に応じて使い分けます。

色校正とは?その使い分け|会報誌・社内報の制作会社

同じデータをつくって印刷しても使用するPCやプリンタ、インク、紙の種類など印刷環境によって色は変わってしまします。

それを試し刷りにより指定した色で忠実に印刷できているかを確認するプロセスです。

実際に使用する紙に印刷用のインクを使用して印刷する本紙校正と実際に使用するものではない専用の用紙、インクを使用して印刷する簡易校正がります。

で、本紙校正はメッチャ高いので安い簡易校正が人気なんですが、元が安いプリントパックで校正を頼むとお得感がまったくなくなってしまいます。

なので、校正は「無し」で。

7営業日で注文

正月休みを挟むので納期は特に気にしませんでしたので、7営業日で注文。

短くすればするほど料金は高くなります。

到着までのプロセス

  1. 注文
  2. データ入稿
  3. 注文&データ確認完了
  4. 発送
  5. 到着

注文から到着までのプロセスはこんな感じです。

各プロセス毎にメールを送ってくれます。

正月明け、予定よりも1日早く注文した名刺が届きました。

開封の儀

箱をあけて中身を見る瞬間は何回やってもドキドキ。今までプリントパックで注文してダメだったことはなかったので今回も「大丈夫だろう」と信じながらもやっぱりドキドキ。

f:id:dagasoregae:20160112113516j:plain

到着した箱をあけるとこんな感じになっています。

緩衝用のクラフト紙を取り出すと、

f:id:dagasoregae:20160112113845j:plain

名刺が出てきました。

下に敷かれている白い紙は、1つ付属する名刺ケース(紙の箱)です。

仕上がりは

気になる仕上がりはというと、結構いい感じ。

校正をしていないにもかかわらずほぼイメージ通りの色になりました。やった!

バッチリです。

表面は・・・

残念ながら裏面がひどいことになっていました。

裏面も表と同じ紫っぽい色を入れたんですが、データ上では表裏でまったく同じ色を指定したにもかかわらず、裏だけ青でした。

さて、どうしたもんか。

広告




クレームをいれよう

色校正をしていないので、イメージと違う色になるなんてことは当然覚悟した上での注文でしたが、データ上で同じ色が表と裏でまったく違うというのはさすがに「おかしいだろ?」と思ったので、電話してみることに。

電話にでんわ

プー、プー、プー。

全然つながりません。

時間をおきながら掛け直すこと数回、やっと自動音声につながったかと思うと今度は担当者につながらず「ただいま電話が大変混み合っております。もうしばらくお待ちください」的な案内を聞きながら待ちます。

・・・

10分ほどスピーカー通話にして、放置している間にwebの問い合わせフォームからクレームを入れることに。

■お問合せ内容
先日注文した名刺が本日配送されたんですが、データ
上は表裏の背景色が同じ色になっているにもかかわら
ず、仕上がったものはまったく別の色になっておりま
した。
データと多少色が異なるのは覚悟していましたが、同
じデータで異なる色になるのも仕方のないことでしょ
うか?

こんな感じでお問い合わせ。

仕方ないといわれることもちょっと覚悟していました。

仕方ないなら次は色校正「有り」で注文しようかなと。

あと、ついでに一箇所修正案が浮かんだので、それ反映させたいなと。

名刺ケース(ただの紙の箱ですが)も300枚にしては少ないので2つほど追加したいなと。

なんでこんなに悠長かというと、以前自分の名刺を印刷した時のポイントを使って印刷したので65円しか支払っていないんですよね。

どんだけ安いんだ。

そうこうしているうちに

20分経過・・・

電話はまだ繋がりません。

暇だったので、ちょっと離れたところにあったスマホを手にとると、知らない番号から着信アリ。

出ようとおもったら切れてしまったので、調べてみるとどうやらプリントパック京都本社の問い合わせ用の番号みたいです。

折り返してみるも話し中でつながらず・・・

30分ほど経過したところで、スピーカ通話で放置していた方の電話が担当者につながりました。

要件を説明すること1分。

「担当から折かえしますので、少々お待ちください」

とのこと。

その後、電話がかかってくることはありませんでした。

メールがきてた

どうにも先に進まないので一度このことは忘れて別の作業をしていると、不在着信から2時間ほど経った頃にプリントパックからこんなメールが来ていました。

この度はご注文商品(PAC*******)につきまして、多大なご迷惑をおかけし
誠に申し訳ございませんでした。
深くお詫び申し上げます。
今後、このようなご対応がないよう全社をあげて改善に努めさせて
いただきます。
つきましては、取り急ぎ、再印刷のうえ、発送させて頂きたく存じます。
------------------ -------
弊社発送:1月8日⇒1月9日着
--------------------------
上記、お詫びさせていただきたくお電話差し上げましたが、
直接ご報告申し上げることができませんでした。
本来であれば、お電話にて御連絡させて頂くべきかと存じますが、
メールでのご報告となりましたこと、重ねてお詫び申し上げます。
どうぞよろしくお願いいたします。

なんじゃこりゃ!

送り直してくれるの?

しかも二日後には届くって!

ということは不良品だったってことでいいのかな?

とりあえず解決。

名刺を頼んでくれた知り合いにはすぐにちゃんとしたのが来るからと伝え取り急ぎ色が変なものを数日使ってもらうことに。

メールで不良品の返送については一切触れられていなかったので、必要ないってことなんだろうなぁ。

わたし的には修正とケースの追加が出来なかったので、もう一度別途注文してやろうかどうか悩み中ですが、まあよかった。

おわりに

上の方にも書いたとおり営業担当のコストを削減しているので、今回のメールのやりとりは素っ気ない気もしますが、無駄のない良いやりとりとも言えるとおもいます。

わたしが聞きたかったこと

「ネット印刷だからこれくらいは覚悟してくださいの範疇の出来事なのか?ミスなのか?」

「その場合は、色校正をすれば間違いなく出来るのか?」

プリントパックの回答

「ミスだ。すぐ出しなおして送る。」

その後、特にわたしもさらなる電話、メールのやりとりの必要性を感じなかったので何もしていません。

実際、謝られても仕方ないですし。

印刷品質については文句無し。

プリントパックを過去5回ほど利用しましたが、今回みたいなケースは初めてで普段はなんのトラブルもおきていません。

電話はつながり難いのでちょっと問題ありな気もしますが、メールでの対応はわりと早い方だと思うので、何か気になることがあった場合はまず問い合わせフォームから連絡するのが良いと感じました。

おしまい

これからデザインを始めたい方、勉強したい方にオススメの1冊。

スポンサーリンク