Edyで脱現金!楽天クレジットカードの更新でワイのキャッシュレス化が進んだ件

楽天カードに楽天Edyがついてキャッシュレス化、脱現金が進んだ人のブログアイキャッチ

キャッシュレス派になりたいのにダラダラと現金を使い続けてきたわたしですが、楽天クレジットカードの更新でカード本体に電子マネーの楽天Edy機能がついたことによりキャッシュレス派への第一歩を踏み出すことができました。

おサイフケータイApple Payもなくスマホで電子マネーが使えないからつい現金を使ってしまってるんだよね」….のようなちょっとした理由でキャッシュレス化に失敗してきた人は電子マネーつきのクレジットカードオススメです!

 

手軽が一番、脱現金の為に持ち物が増えるのは面倒だ

財布の中身がカードや小銭や紙幣でいっぱいになる現金派

わたしはこれまで何度か脱現金に挑みました。でもなぜか失敗。

このご時世にあえて現金を使う理由なんて大した理由じゃないんです。

わたしの場合、テーブル会計ができる飲食店では元からクレジットカードを利用していました。

それ以外の店舗では、仕事用の買い物のときは仕事用のクレジットカードを持っているのでそれを使います。

で、それ以外のちょっとした買い物(コンビニとか)では、現金で支払っていました。

 

面倒なんですけどね。現金は、なくなったら ATMでおろさなきゃならないし、小銭も増えるし。

 

タグタイプの楽天Edy、カードタイプのnanaco、suica&pasmoによる支払いも何度か試しましたが、チャージが煩わしすぎて定着しませんでした。

 

現金も面倒だけどその為にカードの類が一枚増えて、ここではアレこっちではコレとか使い分けるのもなかなか面倒ですよね。

できれば、持ち物は増やしたくない!

 

クレカは店員さんとの会話が面倒(笑)

カードだしてるのに「支払い方法は?」と聞かれたり、「カード一括で」と言ってるのに「ご一括でよろしいですか?」と聞かれたり、サインしたり暗証番号だったりなんかその場での店員さんとのやり取りが面倒で仕方ありません!

それでも実際は、小銭を探す方が面倒なはずですが、ビタッとはまらない会話がなんとなく煩わしくて….

まあ、現金しか使えなくて困ることはあっても、現金が使えなくて困ることはリアルの世界ではまだないので惰性で現金使い続けていた感じですかね。

 

電子マネーつきのスマホに切り替えるという選択肢

長らくiPhoneをつかってきたわたしは、おサイフケータイは諦めていました。

その後、Apple PayによりiPhoneでも電子マネーが使えるようになったようですが、わたしが使っているのはiPhone6S Plusなので Apple Payの機能はついておらず、憧れの電子マネー機能つきスマホにするには、どちらにしても機種変更が必須になってきます。

 

「じゃあ、さっさと変えればいいじゃん!」と思うかもしれませんが、スマホの機能として電子マネーの優先順位が低いため「次、機種変するときはそうしよう」くらいの意識の低さです。

 

楽天カードに楽天Edyがついたら現金使うのが面倒になった

楽天カードの更新で楽天カードにEdy機能がついて便利になった

豹変。

電子マネー最高です。

 

普段から持ち歩いているクレジットカードに電子マネー機能がついたというのがよかった!

現金主体で使おうが、キャッシュレスにしようがクレジットカードは持ち歩きますからね。それに電子マネーがついたんですから

ピッですよ、ピッ!

 

オートチャージが可能なので楽

楽天カードのオンラインサービスであるe-naviにログインすると、edyのオートチャージを設定することができます。そこでedyのチャージ方法について設定することができます。

3,000円以下になったら3,000円オートチャージとかに設定しておけばレジで会計するときに自動でチャージ(Edyオートチャージ)がされる模様。

 

また、オートチャージ以外にも指定金額をオンライン上でカードで購入し、famiポートやKステーション、各種PaSoRiでピッと楽天カード側の楽天Edyに反映させるチャージ方法(Edyチャージ)や、あらかじめ3,000円とか5,000円とか金額を設定しておき、famiポートやKステーション、各種PaSoRiにピッと当てて楽天カード側の楽天Edyに反映させるチャージ方法(いつでもEdyチャージ)も利用できます。

 

使いすぎが心配という方は、後の2つのチャージ方法にしておけば安心ですね。

 

Edyチャージで楽天ポイントが貯まる

楽天カードで買い物をすると1%の楽天ポイントが貯まりますが、楽天Edyへのチャージで0.5%、楽天Edyでの買い物で0.5%のポイントが加算されるのでカードでの支払いと同じようにポイントを貯めることが可能です。

 

楽天ポイントカードもついている

TポイントカードにPontaカード、それに楽天ポイントカードなど世の中には数多くのポイントカードが存在しますが、いちいちサイフから出すのが面倒なので数年前から一切出すのをやめました。

レジで「〜カードはお持ちですか?」と聞かれたら「ありません」と答えています

 

楽天ポイントカードも数年前に一度サンクスで作ったものの、ほとんど使わずに処分しました。

 

しかし、支払うときに必ず出すものについていれば話は別です。

 

楽天Edyで支払うつもりで楽天カードを出しているときに「楽天ポイントカードはお持ちですか?」と聞かれたら、自然に提示できますね。

 

ちょっとしたことですが、面倒じゃないというのはやっぱり大事。

 

脱現金のキッカケにちょうど良いと感じた楽天クレジットカード

楽天クレジットカードに楽天Edyがついて一番よかったな〜と思ったのは、自分がよく買い物をするお店でしかもこれまで現金を使っていたお店のほとんどが楽天Edyの支払いに対応しているところ。

コンビニもドラッグストアも使えるので、仕事をしている平日は現金をほとんど使わなくなりました。

今まであまり気にしていませんでしが、ATMで現金おろすのにも手数料がかかるのでおろす頻度が減ったら節約にもなりますね。

 

クレジットカードもたいない派!という人には、まったくもってどうでもいい話だと思いますが、現金派の人でもほとんどの人はクレジットカードくらい持っていると思うので、わたしのように「キャッシュレス派に移行したいけどおサイフケータイじゃないとなかなかなー」という人には、ちょうど良いんじゃないでしょうか、キッカケとして。

 

年会費無料で新規入会ポイントも貰える楽天カードへの入会はこちら

 

楽天Edy便利っす!

スポンサーリンク